ブログ
2007年2月16日

「ゴミをつくらない」こと

最近はいろんな区や市で、ゴミの分別・出し方について細かく定められてきていますね。
とてもいいこと!!
たとえばゴミ袋有料化になった東京都町田市などでは、有料化前からゴミ総量が14%も減量したそうです。
たしかにtama母なんかは有料化になったとたん、ちぎれんばかりに袋を伸ばし全体重をかけてゴミを押し込んでるのをよく見かける。(笑) できるだけゴミをつくらないような努力も自然としているみたいです。
現金だなぁと思いつつ、せこかろうがなんだろうが、ゴミの量が減るんであればそれに越したことはない!
tamaの現在住んでいる地域では、ゴミ袋は半透明であればスーパーの買い物袋に入ったゴミでも回収してくれてしまうので、ゴミをつくらないというような意識がなかなかめばえづらい。イカンなぁと思いつつ、忙しい日々の中ついつい努力ができていません。(有料化=人の手を借りなければ動けない、というのも悲しいので、少しずつでも努力しよう・・と、いまこの記事を書きながら思ったtamaであります。)
エコ花のある台東区では、燃やすゴミ、燃やさないゴミ、ビン・カン・ペットボトル、ダンボールという分類で回収してくれます。


可燃不燃の区別はもちろん、紙ゴミは紙ゴミだけであつめて、飲み物の入れ物は中をゆすぐ・ラベルをはがす・乾かしてつぶす、ときちんとやっています。
コーヒーの出がらしは消臭効果があるので、広げてよく乾かして、かわいい入れ物にいれてトイレに置いておくと、消臭剤がわりになります。
Kayoさんは相変わらずマイ弁当箱をもって、お惣菜屋さんにランチを買いにいっています。

それを見たsakiさんも、「そんなお弁当の買い方ができるの?!」と、さっそく曲げ輪っぱを購入。毎日マイ輪っぱにお惣菜をつめてもらっています。おかげで洗いカゴが輪っぱだらけ。(笑)

スタッフ内でもどんどんマイ箸派が増えてます。近所のコンビニでは、うちのスタッフがお弁当を買っても、割り箸はいらないことを覚えてくれています☆
これからも「ゴミをつくらない」努力、つづけていかなくっちゃ!
みなさんもオリジナルのゴミ減量方法があれば、ぜひtamaに教えてくださいっ☆
tama