ブログ
2015年1月6日

いろはもみじの家

カテゴリー: 家づくり

暮れにお引き渡しを無事終えた竣工写真のご紹介
工事スタートは大雪に見舞われ大幅に予定がずれ込んだこともあって、
ずいぶんと工期をいただきました。















今では茶室といっても、造作類は練り付け物(合板に無垢材をスライスした板を貼り付けた物)のキットを組み込むような仕事ばかり。そのなかで大工本来の加工や、細工を駆使して仕事をしているところは、全国でも限られたところだけです。
無垢材の癖を殺す、昔は当たり前のようにされていた仕事が今では手間がかかると一笑に付される。
わたしたちのように愚直に、国産の無垢材のみで仕事をするうえで、大工たちにも安易な仕事に飲まれることなく、佐倉の家に続き精進に励む仕事の機会をいただいたことに感謝する次第です。
naoi