ブログ
2006年3月8日

くすのきのテーブル

カテゴリー: 家具づくり

先日大さわぎをしながら削ったくすのきの板が、テーブルに仕上がりました。

脚に使ったのは栓の木です。
すごーくきれい!ウツクシイ!!岩谷たちが雪のちらつく舘岩の小屋で一所懸命探し出してくれた材料と、心を込めた仕事の賜物?!
天板は剥いであるのですが、目がうまくつながって1枚のように見えます。

無垢の木は生きているので気温や湿度で動くもの。反ったりもするし、割れたりすることもあります。その動きは、木の種類や大きさ、同じものは1つとない木目や節のかたち・大きさなどですべて違ってきます。それを見越して加工するのが、大工さんや指物師といった職人たち。
一人ひとりの個性に対する接し方にあたまを悩ます、学校の先生になんだか似ていますね。
tama
★★★