ブログ
2012年4月4日

たねのいえ 誕生話1。

カテゴリー: お知らせ

たねのいえの誕生までのお話します。
ちょっとさかのぼったところから・・・
弊社の設立は1996年。
今年で16年です。
さまざまなお施主様に出会い、支えられてここまでやってきました。
設立当時、代表者直井の話では大量生産・大量消費の建築業があたりまえで
手間のかかる「自然素材」に着目した工務店の存在自体珍しいものでした。
ましてや、その「自然素材」の材料自体を探し、見つけることが大変だった時代でありました。
ちょうど「シックハウス症候群」という言葉が出始めた時期と重なります。
自然のものからつくられた素材・体に害の無い材料・薬剤処理していない木材・・・。
合板を使用しない家づくりに、とことんこだわった信念を持ち続け、
はや16年。
現在では、「自然素材にこだわる家づくり」と良く耳にするようにもなり、少しずつ浸透してきたように思います。
建て主さんからも、率先して素材に対してのご要望をいただくほどにもなりました。
これまでの設立からの流れを上手く伝えられているでしょうか。
どうぞご参考に
職人がつくる木の家ネットでのインタビュー記事も読んで下さいませ。
そして、昨年の3月11日の東北地方太平洋沖地震が起こりました。
直接的な被害を被った社員はいなかったものの、
自分達の仕事に対して根本的な考えを見直す気持ちが、ふつふつと沸いてきたのです。
現在、社員の年齢層は50代2人、40代1人、30代2人、20代3人。
なかなかバランスよく色んな時代を経験してきたものたちが集まっています。
お恥ずかしながら、
わたしたちはドップリ家づくりに関わっているにもかかわらず、
なかなか「自分達にとっての家とは」について議論をすることが少なかったように思います。
お客さまの家については、真剣にご一緒に検討を重ねてきましたが、
自分たちにとっての家とは?については、こういった機会がない限りあまり腹を割って話すこともありませんでした。
そして、その議題から、
どんどん掘りに掘り下げていくこととなります。
続きはまた次回!
たねのいえホームページはここをクリック!
☆工事に関してのお問い合わせや
家づくりの資料請求はこちらからどうぞ☆

↑クリックするとメールフォームのページが開きます。
zou