ブログ
2007年1月11日

のびたりちぢんだり

カテゴリー: 山の話・木の話

エコ花ショップの新しいお手洗い☆

洗面器を無垢板にはめ込んで、壁は珪藻土で仕上げて、いつものエコ花家づくりのショールーム的スペースとしました。
その洗面カウンターと柱型の間が、乾燥して縮んできてるのを発見!!

もともとは大工さんがピシーーーっと作ってくれたから、こんなすき間はなかったはず。
近づくと、こんな感じ。5mmくらい透いてるかしら?

ちなみにカウンター縁と巾木の間も2mmくらい透いてきたぞ〜

こういうのを見ると、本当つくづく無垢の木は生きているなぁと実感。
でもまたあったかくなって湿度がでてくると、きっとすき間は小さくなります。
なんて不思議!!まさしく呼吸してるんだなぁ〜
夏ごろこのすき間がどうなるか、また写真をとってアップしますのでお楽しみに♪
tama