ブログ
2008年7月28日

わかめ入りお米のスープ

Kayoでございます。
七月上旬から体調を崩している次男の入院騒ぎがやっと終わったかと思ったら、また新しく風邪をもらってきてしまい、家で養生しておるところです。
今度もらってきた風邪は、口や喉にブツブツのできるヘルパンギーナといういわゆる夏風邪らしく、ブツブツがあるせいで痛くて、食欲があるのに辛くて食べられないというのが特徴らしいです。
昨日お医者さんに連れて行ったら、「刺激のあるものや、硬いものなんかは辛いと思いますので、やわらかいもの、のどごしのいいものをあげてください。」
どうりで、大好きなグレープフルーツをあげたら、ものすごい困った顔をしてべえーっと吐き出すわけだ・・
ごめんね、さぞかし沁みたことでしょう。
で、ちょうど先日店に入荷したばかりのお米スープがそういやあったことを思い出し、作ってみました。
原料は有機米、砂糖(てんさい糖)、食塩、わかめ、小松菜、あおさ。
作り方は簡単、お鍋にスープの素を入れて水を加えて温めながら混ぜるだけ。
360ccの水だと五分粥、450ccだとおもゆの出来上がりです。
朝食に、長男にも出してみました。
「あーこれ おせんべいの味がする」
香ばしい有機米の香りがしました。
やさしい塩加減に小松菜と海藻の味で気持がホッとします。
次男もおいしそうに飲んでいました。

これ、おすすめ(ちなみにお椀は藤原啓祐さんのぶぶ椀です♪)
素材は国内産の有機米を使っていて、安心なので赤ちゃんにもOKです。
大人も加減が悪い時に簡単に作れるので、常備しておくといいかもしれません!
二日酔いにもいいかもね・笑
早く元気になって、夏の空の下で楽しく遊べますように。
自宅より、愛をこめて。
Kayo