ブログ
2006年10月27日

エコ花に地井武男さん登場!!

カテゴリー: 徒然・農園

ななな、なんと!昨日はエコ花にテレビ朝日「ちい散歩」という
地井武男さんの番組取材が入りました!!!!
数日前にひょっこりスタッフの人が現れて、
「素敵な店だから通りがかりに入ったのですが、木曜日に取材させてもらっていいですか?
地井武男さんが来ますから」
ってなわけで、エコ花スタッフ一同大興奮!!
昨日夕方に、突然地井さんがガラガラ、とお店の引き戸を開けて
「こんにちは〜 ちょっと見せてくださーい」と入ってこられました。
「いらっしゃいませ〜 どうぞお入りください」と張り切ってお迎えしたKAYOです。
(ここもテレビに映るといいな♪)
続いて直井が素材をお見せしながら、家作りと木について地井さんとお話。
地井さん、岩谷が作った建具を触りながら、「わー 懐かしいなー」
床板のサンプルを触って、「お、これは杉だな〜」
ん、さすが、「北の国から」で材木屋の役をやっていたからか、お詳しい!
「家は作るもの」「手仕事について」で直井と大いに盛り上がり、
そんじゃあ、大工さんの手刻みをご案内しますよっと、一同、工場へ。
工場では、葛西の家の刻み真っ最中!!
エコ花がお世話になっている大工さん親子がお話をしてくれました。
今では少なくなってしまった手刻みの懐かしさ、大切さに
地井さん、大工さん大盛り上がり。

地井さんは、「昔は50年、60年その家に住むことは当たり前だったのに、
今では10年たてば生活様式が変わっちゃう。30年も住まなくなって来た。
作る側もそんなにもたなくていいや、と思ってるところもあって、こういう
大工さん達に丁寧に作られているうちが少なくなってきてるよね」
直井も「家は住まい手の方が手を入れて愛しんで愛しんで出来上がっていく
ものです。そういうことを分かって訪ねてきて下さるお客様がいらっしゃる
ことはうれしいことで、前の日曜日もお客様を山にお連れして、
大黒柱にする木を切り倒して来ました。命あるものをいただく大切さを
体験していただき、お子様にも伝えていただいていただけると嬉しいです」
と、家作りが木を育てるところから始まり多くの時間と人の手がかかること、
そしてずっと手を入れて大切にし、その大切さを次の世代に伝えていくことを
お話しました。
そして、地井さんの敏感さにはびっくり。
「なんか、燻したような匂いがしないか?」
エコ花の家作りでお世話になっている栗駒杉が燻されていることを
言い当てられました!すごーい地井さん。
山から頂いた木を、できるだけ環境に負荷をかけずに丈夫にずっと家を
支えてくれる材にしてくれている栗駒山の方達のがんばりが、こうして
突然やってきた方にも「何かある」と気づいてもらえると、私たちも
山の皆さんのがんばりを伝える喜びがあるというものです。
こうして、山の仕事に携わっている人、大工さん、そしてエコ花スタッフの
毎日のがんばりをテレビで紹介していただけるのはありがたいことです。
少しでも多くの人たちに伝わりますように。
放映は今のところ、11/14(火)朝9:55〜10:30の予定です。
そのうち何分かがエコ花枠です♪
(予定が変わるようでしたら、またお知らせしますヨ)
テレビ朝日「ちい散歩」、ですよ〜 
皆さん是非お見逃しなく!
KAYO