ブログ
2006年3月29日

エニシダ

カテゴリー: 山の話・木の話

先日エコ花へやってきた「エニシダ」。

地中海沿岸の原産で、江戸時代初期に日本にやってきたそうです。黄色いちまちました花がかわいい!よくみると蝶々型。
この黄色い花じつはとっても優秀な仕掛けをもってるんです。ふだん雄しべと雌しべは花びらにつつまれていて見えないんですが、蜂なんかが花びらにとまるとその重みで花びらが開き、雄しべが蜂に巻きついて花粉まみれにして(!)雌しべに受粉するそうです。必要なときまでは入り口を閉ざして大事に花粉をとっておいて、いざというとき一気に使う。スバラシイ自然の知恵!
ちなみに何日か前までは黄色い花がいっぱいだったのに、気づいたら葉だらけ。なんで?!早く写真撮っておけばよかったです・・

花言葉は謙遜・清楚。
うーんそんな感じのたたずまいかも。
謙遜・清楚、見習いたい・・・。
tama
★★★