ブログ
2008年10月28日

カエル展

カテゴリー: 徒然・農園

土曜日は子供達を連れて、カエル展に行ってきました!
家から歩いて20分くらいのところに板橋区清掃工場があり、工場で発生した熱を利用した温水プールと熱帯植物園が併設されています。
プールも熱帯植物園も長男の大のお気に入りでしょっちゅうしょっちゅう行ってます。
カエル展は熱帯植物園でただいま開催中。
夏は熱帯雨林から大きなクワガタ・カブトムシがやってきたり、年中なにかしら子供達が森のこと、生き物のことを見て触れて体験できるようになっています。
熱帯植物園は地下が小さな水族館、そのままスロープで一階へ続き、低地の熱帯雨林、そして二階は高地の熱帯雨林の植物・・とうまく作られています。
カエル展はてっぺんの展示室にて。
海の中からジャングルを抜けてカエル展へご案内いたしまーす♪
小さな熱帯のかわいいお魚、癒されます。


大きなお魚だってかわいいぞ?
この水槽にはマングローブが生えてます。

メキシコサラマンダー♪

ピラニア! ぎゃあああああ

陸地に上がりまして、エコ花の壁紙で大活躍の月桃も。

ジャングルジャングル☆



そして二階へ続き、熱帯雨林高山植物のお部屋

カエル展に到着、かわいいちぎり絵で子供達を迎えてくれます♪

カエルやトカゲ、イモリ。日本のもの、世界各国からのものもたくさん。
フラッシュできないので、ボケてますが・・・シマシマ模様やオレンジ、ツヤツヤエメラルドグリーンなカエルちゃん達。
ちいちゃくて本当にかわいい!
長男も大喜び。



カエル展のブースには、「どうして身近にカエルがいなくなってしまったのでしょうか?」と問題提起のポスターが。
「かわいい おもしろい」だけでなく、こういうときに子供達に分かる言葉で話すのがまずは親としてできることでしょうか。
自分の身近では荒川の河川敷くらいだな、カエルの姿を見ることができるのは・・・
「カエルのためにも水や土を大事にしたいね」
そしてカエル展の後はすぐ近くの荒川の河川敷へ直行。
いましたいました、カエル君。
「元気に家族を増やしてね〜」と帰りには水の中でバイバイしました。

小さな子供でももう5歳6歳になればちゃんと話を理解します。
できるだけ触れて感じながら、大事にしたい自然のこと話していきたいなあ、と思った一日でした。
Kayo