ブログ
2007年3月6日

クラフト工房ラ・まの春の探検記

暖かくなってきました。
本日はクラフト工房ラ・まのさんへ再び探検に行ってまいりました!
エコ花では、季節が変わる度にラ・まのさんへお邪魔しています。
ラ・まのさんの染め・織りは季節感たっぷり、繊細な表情で、エコ花の店頭を
色とりどりに演出してくれており、お客様にも大人気なのです。
ちょうどラ・まのさんでは、朝のお仕事が始まったところです。
今日も皆さん、丁寧にお仕事されています。
織りのお仕事↓

絞りのお仕事↓

剣道着の染め直しのご依頼があったそうで、干している最中。
染め直してまた活躍するなんて、剣道着も幸せです↓

工房裏庭の染め場には、今日もたくさん瓶が並んでおります。
ラ・まのさんの藍の原料は、染めで有名な徳島からやってきます。
そして、藍の色素は水には溶けないので、アルカリ液に浸すことで
抽出することができるのですが、そのアルカリ液には木灰を使います。
この木灰も徳島からやってきます。徳島は藍と共に、カツオやサバの削り節でも
有名で、それを燻す時に使った灰を分けてもらっているそうです。
藍染と削り節。持ちつ持たれつ、循環してるわけですねえ。
だから、木灰、最初はサバの臭いがするとか(笑)
アルカリ性の薬品でも藍の色素を出すことができますが、持ちが悪く、
色落ちしやすいんだそうですヨ。
木灰の灰汁↓

藍染めについての詳しいラ・まのさんのHP↓
http://www.la-mano.jp/koubou/ai_zome.html
ラ・まのさん探検の楽しみは、製作だけではありません。
お庭がとても広く、四季折々で花や木を眺めて散歩できるのが素敵。
今は梅がまっさかり。
梅林でランチすることもあるとか、羨ましい限りです。

こんな風にお庭を楽しめるのも、よく手入れが行き届いているからです。
竹林はすっきりと風通しがよくなるようにされ、木々はきちんと枝打ちされています。
シニアのボランティアの方々のお手伝いもあり、本当に日当り・風通り良好。
そして、ラ・まの皆さんも、夏は総出で草刈にあけくれ、しかも、時々できてしまう
スズメバチの巣取りまで防護服を着て応戦!
ですから、ラ・まのさんにはチェーンソー、草刈機が何台かあります。
皆さん、ものすごいガッツでお庭のお手入れをされてるんですよ、素晴らしい!
エコ花では小さな毛虫が少し出ただけで、女子スタッフ大騒ぎなのに(恥かしい・・)。
お庭のお手入れで出た落ち葉や枝などは、牛糞を混ぜ、堆肥にされます。
そして、ラ・まのさんの畑に再利用されています。
ラ・まのさんの畑では、染めの原料になるお花や植物、それから野菜達が
すくすく育つわけですね。
ものづくりを大切にされているラ・まのさん。
そして、色々なものを大切に再利用して、また次のものづくりに生かしているラ・まのさん。
暮らしていくというのは、こうした繰りごとの積み重ねであり、大変だけれど
本当に大切にしたい心掛けですね。
ラ・まのさんにお邪魔する度、貴重なお話をお聞きすることができます。
皆さんも是非、ラ・まのさんへ足を運んでみてください!
↓ラ・まのさん できたての染めの鯉のぼり!!
  どんどん春らしくなりますね☆

kayo