ブログ
2005年12月21日

ペレットストーブ

お店にペレットストーブがやってきました。

これは石村工業さんから出している「クラフトマンペレット」というペレットストーブ。ペレットとは間伐材や端材、おがくず、樹皮などを砕いて、圧縮し乾燥して水をとばした固形燃料です。ペレットはたくさんの長所をもっているので、次世代エネルギーとして近年注目をあつめています。
         これがペレット↓

ペレットのすぐれた点は、たとえば
・高圧で押し固めているので、薪やチップなどより発熱量が高い。
・二酸化炭素の発生を抑えられる (これは、植物系バイオマスの燃焼時に発生する二酸化炭素はもともと、成長途中の光合成により吸収した二酸化炭素が発生しているという考え方で、長い目で見ると大気中の二酸化炭素増減にあまり影響がない、というバイオマスエネルギーのすぐれた点です。)
・薪などの燃料よりも大きさ、品質が安定しているので、扱いやすい。保管もしやすい。
・灰を撒いて再利用ができる。
などなど・・・環境にとてもやさしい特徴ばかり。北米やヨーロッパでは、発電や温水による暖房の燃料としても普及がすすんでいるそうです。日本でも輸入品ペレットストーブのほかに、たくさんの国産品が出てきています。またペレット自体も国産で作られてきているので、国産品を使えば日本の資源を利用できる=日本の山が活性化する!という利点があります。ぜひ地球のために、環境にやさしいペレットストーブに注目してみてください。
★★★