ブログ
2008年6月28日

ラ・まの、な夏風

今年もオジャマしてきました、クラフト工房ラ・まのさんの夏の展示会です。
ラ・まのさんは一般に就労することが難しい方々が、それはもう気が遠くなるような細かくて丁寧な作業によって作り出す、染めと織り。
そのため息がでるほどの味わい深い色と美しい織りはちょっとやそっとでできるものではございません。
ラ・まのさんのものがあんまりにも素敵だったので、うちのお店のものたちの仲間入りをしてもらって早や数年。
季節ごとにラ・まのさんへおじゃまをして、染めもの織物を連れてきています。
今回もスタッフ数人で夏の展示会にうかがって、エコ花へ誘拐してくるつもりが、みな家づくりでバタバタしておりうかがえず・・・
ってことで、私だけこっそり抜け駆け、ごめんね(笑)
築100年経つ民家がラ・まのさんの工房。
今年も軒先の風に彩りを添えております。

ふ化したばかりの薄羽蜻蛉(うすばかげろう)が、藍のケースメントに揺られて、懸命に羽を広げようとしておりました。
長男、庭先でラ・まのさんに訪れる人全員におせっかいにも解説・・・

もうすぐ七夕ですね。

冷たいお茶と白玉を頂きながら、テーブルに用意していただいていた短冊にお願い事を書き、これまた素敵に染糸で笹に結び付けます。
お願い事を書くっていっても、長男にはこれが精一杯、弟と自分の名前。


それから、工房からちょっと秘密めいた森の道を登っていくと、ラ・まの農園が・・
長男も3度目のラ・まのさん、すっかり勝手が分かっていて、ラ・まのさん指導員で施設長のTさんを引き連れて、「大根抜きに行こうよ!」
おっきいの、抜かせてもらいました!

こんなでっかいの。

「この大根、足が生えてるみたい。夜中にひとりで歩くんじゃないか?」
こわっ
このお化け大根は、ラ・まのさんの藍の型染め手ぬぐいにもなったりしてます。
大根、いただいて帰ることにしました。
長男、「オレ、でっかい大根抜いたんだ」とすごく自慢げです。
育てたのはラ・まのさんなんだけどね。
「葉っぱ、チャーハンに入れるとおいしいですよ」とTさん。
早速今晩、真似してみました。しゃきしゃきしておいしかった!
こちらは、ラ・まのさんにいる三毛猫、「おかあさん」
染め場へのお勝手口にちょこんと座ってます。
野良猫だったのが、住み着いて10年以上にもなるそうで。
「おかあさん」も藍の型染めコースターのモデルになってます。
「にゃ〜」と口をあけても普段は声がでないんだそうです。
が、切羽つまると(狭いところへ閉じ込められたりすると)声がでることもあるとか。

えー、ちなみに、おうちにお土産♪
次男の藍染絞りのTシャツ。

草木染の糸が織り込まれた麻のポットマット、あたしの。

レジ袋のような形で使い勝手のよい、藍染絞りのエコバッグ。
お魚さんが涼しげ。
これまた、あたしの。

ラ・まのさんの竹林の竹から出来た菜ばし。
あれー これもあたしのだ・・・

ダンナのお土産がなかった(笑)
他にもたくさん素敵なものたちがいたので、日を改めてお店のみんなでエコ花誘拐にうかがいますね!
ラ・まのさんは何度訪れても楽しいところです。
今回も長男とたっぷり楽しませていただきました。
Tさん、Iさん、それからJさん、お忙しいところ、親子二人で騒がしくおじゃましました。
ありがとうございました!!
季節ごとの恵みをたくさん受けながら、その季節の流れに逆らうことなくせっせと汗を流しものづくりを大切にされる皆さんをこれからもずっと応援しております!
※機種の古いケータイの画像のため、荒くてちょっとボケててごめんなさい。
 本当はもっともっときれいな色なんだけど!
 デジカメ早くなおさなきゃ。
Kayo