ブログ
2012年2月20日

リフォーム事例:漆喰壁写真

カテゴリー: リフォーム

今回のリフォーム紹介は前回の【漆喰壁】の続き:写真にてご紹介!
どんな工程になるのかを色んな下地状況にてお伝えしていきます。
①まずは、和室の場合
ぽろぽろ落ちてくる材料にお困りのお話をよく伺います。
このとき、塗り壁の部屋ということですね。
そして、塗り壁は水で濡らすと簡単に剥れます!
↓水をつけたローラで全体的に濡らしていきます。色が濃くなりました。


↑こそげ取っていきます。下地は丈夫でしたので、この表面から漆喰を塗ります。
②次はビニールクロスのとき
今回はご予算の関係でクロスの上から漆喰を塗る作業となりました。
クロスを剥がしてから施工することも可能です。
↓亀裂が入っていますね。
このように建具まわりの枠や構造材の継ぎ目など、家の荷重が集中しやすいところにはこのようなクラックが入ることが良くあります。
家がつぶれるほどのものではありませんが塗る前に補強しておく必要がありますね。

漆喰は硬くなる仕上げですので、下地がずれたときに追従する柔軟さがありません。
「なにごとも下地が大事」と左官さんは言います。
ボロボロのお肌にたくさん化粧をしても仕上がりに影響が出てくるのと似ていますね。

↓ビニールクロスは剥れないようにタッカー芯でしっかりと留めていきます。

この上から漆喰を塗っていきます。
③ボードごと新規取替えのとき
まずはボードを撤去します。
↓新規石膏ボードの目地処理をします。

準備が出来たらスイスイスイ!
すごい速さで職人さんのコテさばきが踊りだします[#IMAGE|S58#]

そして、完成です!
施工直後の乾いていない状態では、つのまたという自然素材の海草のいい香りで、まるで海の中にいるみたい〜!

住みながらor引越し前か
戸建て住宅orマンションかなど
色々な状況でも対応して施工できますよ[#IMAGE|S72#]
まずはご相談してください。
☆工事に関してのお問い合わせや
家づくりの資料請求はこちらからどうぞ☆

↑クリックするとメールフォームのページが開きます。
zou