ブログ
2010年2月23日

世田谷Ⅱの家:構造・断熱材

先日建て方(12)を行った世田谷の家の様子をお伝えします。工事は着々と進んでおりますよ。
現在は、もう少し工事が進んでいますが、こちら大屋根の様子です。

木材にとって大切な雨仕舞いです。
黒いシートは防水シートです。この上を板金で仕上げます。瓦棒用の部材も準備万端!

垂木がきれいに並んでいますね。
今後どう仕上がってくるのでしょうか。とても楽しみです。

外部の軒天です。羽目板の節なしのものを使用しています。
室内側に見える茶色のものは何でしょう。

茶色の正体はフォレストボードです。
杉樹皮とバージンパルプ(木材から作られた繊維)をコーンスターチ(とうもろこし製のでんぷん)で固めた断熱材です。
住まい手の健康・廃棄後も土に還ることを考えた、人にも地球にも優しい断熱材なんです。
そして工事は、これから躯体の基本となる骨組みを筋交い等で固め、より強固なものとしていきます。
日に日に出来上がっていきますが、隠れてしまうところにも、材料・大工の技術:こだわっていますよ。
zou