ブログ
2010年6月25日

亀戸の家:地鎮祭・基礎工事・鎮めもの

カテゴリー: 家づくり(亀戸)

家づくりは、お施主様が家をつくるぞ!という思いで、
縁あってエコ花にお声を掛けていただき始まっていきます。
そしてお打合せを重ね、お仕事としてご契約いただき、工事の着工となります。
家は、人が住むための場所であり、住む人それぞれ家に対しての理想がありますよね。
落ち着ける空間が欲しい・家族団欒のLD・空が見える寝室・広い収納・・・などなど。
家をつくる側としてとっても大切なことは、
「安全な家をつくる」ということ。
それは住まい手の健康に対してであり・生命に対してであり、家を作るうえで基本的な義務であります。
そんな引き締まった気持ちで工事を着工していきます。
地鎮際を執り行います。
神様に工事を着工することをお伝えし、
そして工事の安全・お施主様の末永い幸せを皆で願います。

敷地状況をを確認し、地盤が安全であるか地盤の改良が必要か、調査を行います。

基礎工事が始まります。
遣り方を行い、配置を確定したのち、根伐りです。

地鎮祭を行って頂いた神主さんからいただいた「鎮め物(しずめもの)」です。
土地の神様を鎮め、土地や建物が揺らぐことの無いように祈願したものです。
これを基礎の下へ埋めます。
梅雨中の炎天下でも、工事はどんどん進んでいきます。
zou