ブログ
2006年2月15日

今戸焼きレポート

カテゴリー: ご近所

お正月ご紹介した“今戸神社の招き猫”をつくっている、「今戸焼き 白井」さんへいってきました。(お仕事中に突然スタッフ数人でお邪魔したにもかかわらず、快く対応していただきました。ありがとうございました!)
現在今戸焼きをつくっているのは、なんと昭和初期以降から1軒だけ。もともと分家だったこちらの白井さんは、本家が店をたたんでも今戸焼きを焼きつづけて創業500年!だそうです。
今戸焼きという名称は地名からきているそうですが、もともとは瓦屋さんが片手間ではじめたのがはじまりだとか。
これは白井さんに飾ってある、江戸時代の隅田川の様子をえがいた図。

左が当時の瓦屋、右は隅田川沿いでもくもくけむりをあげて焼いていた様子です。むかしはこの川っぺりの田んぼの粘土を使って焼きものを焼いていたそうですが、いまの台東区今戸では土が採れないのでいろいろな土地の粘土が混ざったブレンド粘土を使用しているそうです。
作るのはすべて手作業。粘土を型枠にいれてかたちをつくったら、

金属の棒をつかって手でバリをとって整えていきます。バリとは型を使ってやわらかいものをぎゅっと押さえて作るとはみ出る部分。南部せんべいのはじのパリパリの部分(おかしなたとえですみません・・)と同じです。かたちが整ったら窯で焼いて、ひとつひとつ手で絵の具で色をつけ顔や模様を描いていきます。

焼きあがった猫やいぬたちがずらーっと並んで色をつけてもらう順番を待っていました。
-つづく-
tama