ブログ
2006年2月3日

今日は節分です

カテゴリー: 徒然・農園

今年は2月3日が節分だそうです。今年は、というのはその年によって日にちが違うそうなんです。そういえばいままでも2月2日だったり4日だったりしたような気が・・・
というわけで少し調べてみました。
節分とは、それぞれの季節の始まりをあわらす立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを言うそうです。「季節を分ける」ということから「節分」という名前がつきましたが、特に立春が1年のはじまり(終わり、という説もあるそうですが)といわれることから立春の前日の節分が全国的に「節分の日」として知られています。ちなみに来年も2月3日。つまり2月4日が立春です。
豆まきは中国から渡ってきた行事だそうで、家の内と外にその家の主か年男が「鬼は外、福は内」と掛け声をかけながら豆をまきます。掛け声は全国各地でいろんなバリエーションがあり、エコ花ご近所の“入谷鬼子母神”(真源寺)では「福は内、悪魔外」と言い「鬼は外」とは言わないそうです。
まいた豆は拾って、自分の年の数、もしくは年の数+1粒をたべると1年病気をしないという言い伝えがあります。(ちなみに私は小さいころ豆まきの豆が大好きで、拾って年の数を食べたあと、残りの豆をえんえん食べていましたが・・意味がない?!)
豆は煎り豆が良いそうです。生の豆をまいて拾い忘れたとき、それが根をはって芽が出るとよくないことが起こると言う云われもあるとか。でも最近の家庭では豆のほかにもチョコレートや飴といったお菓子をまいているところもあるそうですね。ちなみになんでまくのが豆かというと、穀物や果実には「邪気を追い払う霊力」があると考えられているから、とのこと。
それともうひとつ、節分の日におこなう行事として「恵方巻き」という巻き寿司を、恵方の方向を向いて目を閉じて願い事を思い浮かべながらかぶりつく、というのがあるそうです。これは私は最近コンビニでやたらと“節分に恵方巻き!”と書いてあるのを見て知りました。もともと関西の風習だったものが最近になって関東に入ってきたようです。
これは“福を巻き込み、縁を切らない”という意味合いがあるとか。

日本のさまざまな風習はどれも奥が深いですね。でもつづいている風習はこの先もなくならないよう、格式ばってこだわらなくても楽しんでやっていくことが大切ですよね。