ブログ
2006年6月23日

初夏のくりこま森林教室レポート4

世界谷地の大湿原をあとにして、宿泊先の“いこいの村 栗駒”へ。
高台の上にあって眺めがよくて、とっても広々とした宿泊施設です。こちらは建てもの向かい側道路からの景色。うぅ〜、緑の露で空気がしっとりしててむせかえるようなマイナスイオン☆

ここの大会議室にて夕方からセミナーがありました。たくさんのためになるお話を聞くことが出来たので一部をご紹介。
「チルチンびと」風土社の山下社長からは、“トレサビリティ=生産履歴”というテーマでのお話。
ここ数年で身近になった食品の生産履歴の表示をきっかけに化粧品なども全成分標示が義務付けられました。口にするもの、肌に触れるものに関しては年々そういった法律が定められていますが、家づくりに関しては法律・規定が定められていないのが現状。そこで“家づくりの生産履歴の表示”をしていこうというのが、エコ花も加入している「チルチンびと 地域主義工務店の会」なんです。“素性のはっきりした生産者・製造元の顔が見えるものを使う”というエコ花のポリシーと同じです。
山下社長は、家づくりのトレサビリティを表していくための1つとして、“子どもと大人との斜めの関係”が必要なのではないかとおっしゃっていました。
核家族の時代の中、子どもは両親親戚以外の大人とふれあうことが少なくなってきていますよね。
お施主さんが家づくりに深く密にかかわることができると、子どももいっしょに製作過程を見たり、壁を塗ったりビー玉を入れてみたりと、家づくりに参加できたり。また山に行くときこりさん、現場に行くと大工さん、左官屋さんのおじさんがいていろんな話ができたりします。そうすると家のあらゆるところに、その子の思い出ができて物語ができていきます。
そういうお宅に取材に行ったときには、お子さんがイキイキと家のあらゆる説明をしてくれるそうなんです。その子どもたちの思い出と物語が“家づくりのトレサビリティ”とも言えるんではないかとおっしゃっていました。
とても心に響くお話でした。使う材料に関することだけのトレサビリティではなく、思い出からのトレサビティという考え方、とってもすてきですよね☆
-つづく-
tama