ブログ
2006年7月13日

初夏のくりこま森林教室レポート8

なんとか無事に植林終了☆

そして休むまもなく次の行動へ・・なにしろ予定が目白押しの森林教室、スケジュールも分刻みですっ!!

クワの3本担ぎという山のオトコぶりを見せつける駒五郎さんについて、またせっせと山道を歩き、
しばしバスに揺られ(全員爆睡)伐倒現場へ。
青空の下で風工房の和チャン特製豚汁とおむすびでお昼をいただきました。
やっぱり青空ランチは格別♪

山の神様にご挨拶してから伐倒に入ります。
今回なんと、森林教室に参加された各社で家づくりを始めるお客さまのために、どれでも好きな木?!を目の前で伐倒しちゃうんです。
なんて贅沢な企画!(笑)
でもほんとうに、家づくりの中でこんな体験までできるっていうのはなかなかないかも知れないですよね。
そしてOさんご一家が厳選した杉の木を伐倒。

どぉぉぉぉぉーーーんという体にひびく轟音とともに、どっしりと立派な木を無事伐倒。
Oさんご一家大興奮で、記念撮影しまくりです☆

Oさんが持っているのは、伐倒のときに必ず出る“受け口”というもの。(受け口に関してはまた後日!)
そして倒した木を山から下ろすときに、どれが誰のかわからなくならないように、ご主人が切り口にサイン。

そして新幹線の時間が迫る一行は駅までダッシュ!!
お別れのご挨拶もそこそこの森林教室の解散でした(笑
tama