ブログ
2011年4月27日

加湿器

あたたかくなってきて、雨も降ったり、ショッピングセンターの特売コーナーの目立つところには雨具が出ていたり、そろそろ梅雨の準備かな。と思います。
そろそろお役目の終わりかな。と眺めるのは、わが家加湿器。

冬の電気屋さんには色々な加湿器が並んでいて、それぞれに特徴があり結構迷いました。
予算ない・デザイン重視のものは掃除大変そう・機械で管理しているのは壊れやすそう・でかいのは保管時に邪魔・超音波、スチーム、ハイブリッド?・・・。
私には加湿器は買えない・・・
挫折しかけたそのとき、この子を発見!
加湿能力少ないですが、使い方は容器にフィルター(不織布)を入れてを水を注ぐだけ、電源は必要なし。
そんなこんなでこの冬を快適に過ごせました。
お客様へ家をお渡しするときに必ず伝えるのが、
「木の家は乾燥します。
木の吸湿性能は抜群!夏は快適に過ごせます。
その代わり、冬に乾燥しますので加湿してください。」
ということ。
身近に分かりやすいのが、床板の継ぎ目です。
↓冬の乾燥した時期の床板の様子。

↓最近の床板の様子。
継ぎ目が見えなくなりました!

木材が伸びたり、縮んだり。
傷ついたり、色が変わってきたり、足の裏で感じるぬくもりを毎日味わえるって素敵だな。
と思います。
zou