ブログ
2007年12月24日

動くカマド。

先週、忍者左官の小沼師匠が会社裏の工場で釜を作ってくれました。
なんと移動式!!

思考を練っている師匠。

円形の木の土台にキャスターを取り付け、金網をはり、ケーキのように作っていきます。
モルタルを塗りレンガを積み、出来上がりが楽しみです。

形が見えてきました。出来上がり!、いやまだまだ、本日はここまで。
釜作り2日目。

表面を洗い出しで仕上げます。1人が水を送り込みます。
洗い出しの水の当て加減は大変難しい!
zouも落ちていた素材で、ちょこっと体験。
少しだけだと石が見えない。かけ過ぎると石がぼろぼろ落ちてくる。
石の出具合を見極めて慎重に水をかける師匠。


完成!!
後ろ姿が、まるっこく、お饅頭のようでおいしそう。
持ち運びやすいように、筒をはずせる仕組みになっております。
小沼師匠、使用する側を思って配慮して下さって感謝感謝です。
また、お忙しいところ、大変ありがとう御座いました。
この移動式釜の出番は、早速12月28日。工場にて、お餅つきを致します。
無事に来年を迎えることができますように!!
zou
★★★