ブログ
2006年5月19日

古代調味料「醤」の話

カテゴリー: 徒然・農園

「醤」と書き、「ひしお」と読みます。
万葉の時代からの調味料だそうで、醤油の原型だそうです。

先日実家に戻ったときに、家族で温泉旅館へ行きました。
その旅館のお食事で、この「ひしお」が古代風のお餅に添えられて出てきました。
おいしかったし、初めて見たので、お土産に持ち帰りました。
見た目はもろ味噌ぽいです。
でも味噌よりずっと豆の食感と味が残っている感じでした。
とても素朴な味ですが、食べだしたら止められない!
ご飯もお酒も進みます♪♪
醤は丸大豆と大麦から麹を作り、石をのせて一年以上発酵させて作られます。
平安時代の文献にも図入りででているようで、白米飯を器に盛られ、その周りに、
醤・塩・酢・酒の4種の調味料がおかれ、「めぐり」と呼んでいたそうです。
4種の調味料を自分好みに調えてから食していたよう。
特に醤は高級品だったそうで、4種食卓に出せたのは身分の高い人だけだったとか。
調べてみると、日本各地で特産品として作られていて、少しずつ違うようであります。
夕飯に、胡瓜と木綿豆腐にのっけて頂きました。
焼おにぎりにつけてもおいしいとのこと。
写真の中央、黒っぽい塊が、醤です。
息子もきゅうりに器用に醤をのっけて、バリボリ、止まりません。
ぎゃ、たまらん。
KAYO