ブログ
2011年8月18日

土地に根ざした建物

かなり久しぶりの投稿です。
sakiです。
これからはエコ花のブログはzouさん、saiさん、kayoさん、naoiさんに任せきりではなくスタッフ皆で書いていこうという事にしました。
そのトップバッターです。
せっかくなので自己紹介も兼ねて、自分の出身の高知県の建物を紹介したいと思います。
さて、これは何でしょう?

少し引いて見てみると

なんと縁側の桁を支える柱でした。
実はこれ、高知県一宮にある国指定の重要文化財の旧関川家という建物でした。
あたかも柱がそこから生えてきたかのような自由な発想に仰天です。
まさに土地に根ざした建物です。

といっても高知県の建物がすべてこんなわけはないので代表的な例もご紹介してみます。
同じ敷地内にある米蔵です。建物の壁面に瓦が取り付いているのが分かりますか?

台風銀座の南国土佐では雨は上からではなく、下から降ると言われています。
そんな気候風土から外壁を守る為につくられた事が始まりだそうです。
今では装飾的な意味合いがかなり強く感じ取れますが、その土地に脈々と受け継がれてきた建築技法には意味があり、それを紐解いていくのもまた楽しいものです。
私たちがつくる家づくりも未来の子供たちに紐解いてもらえるような存在でありたいと思っています。
saki