ブログ
2014年4月4日

埋蔵品

カテゴリー: 未分類

築約40年のマンションでユニットバス・洗面・トイレの水廻りの改修工事が始まりました。
初日の仕事は、解体作業。
既存のユニットバスのパネルを撤去したところ、切り残しの石膏ボードがどっさりと出てきました。
(写真右下のパネル状のものです)

現場に立ち会った職人さん達いわく、「昔の現場なんてこんなもんだよ」と言っていました。
が、驚きの出来事だったのでブログに綴ります。
もちろん、エコ花ではこんなことはしませんよ(笑)
sato.