ブログ
2012年3月22日

大家さん、必見!賃貸リフォーム!:床塗装編

カテゴリー: リフォーム

リフォームの最終工程にきました。
賃貸で、無垢板の床材を導入した物件の様子のお伝えです。
床は栗を使っています。
栗はタンニンという渋の成分が多く、古くから腐りにくい樹種として珍重されてきました。
硬く丈夫で、かつ、温かみのある肌触りと素材感が好評です。
↓塗装前の部屋の写真です。

若干白っぽく落ち着いた色味です。

これから塗装をします。
使用する塗料は自然系塗料です。
塗装をすると、
●薄い塗膜が木を保護して、傷に強くなります。
●無垢板の状態よりも汚れが目立たなくなります。
●木の伸び縮みの特性を少し弱めることができます。
●表面のみの薄い塗装のため、木の調湿性は損なわず、
触感も無垢の木そのままです。


使用する道具は 
★刷毛
★塗料を入れる缶や入れ物
★綿の布切れ
★手袋

以上!
家にあるものやホームセンターで揃いますね。
施工方法も簡単!
☆塗料を刷毛で板に染み込ませます。
☆少し置いたら表面に浮いた余分な塗料を拭き取ります。
☆約1日乾かします(放置)。

以上!
はじめてのかたでも簡単に施工できます。


自然系塗料は木目が薄っすら見えて、木の質感を奪いません。
ツルツルに樹脂やビニールでコーティングする加工とは違います。
ナチュラルな仕上げとなり、ぬくもりがある部屋の演出には最適!
何より、触れる足裏が気持ち良い!
次回はこの物件の詳細をお伝えします。
ただいま、入居者募集中です。
☆工事に関してのお問い合わせや
家づくりの資料請求はこちらからどうぞ☆

↑クリックするとメールフォームのページが開きます。
zou