ブログ
2012年4月16日

家具づくり・オーダー家具・無垢の木の棚

カテゴリー: 家具づくり

先日、棚の納品をしました。
合板ではなく無垢の木の棚をお探しだったお客さまがご来店くださり、
大工、建具職人などの手によって家具の作成が行われました。
家具づくりの流れは下記のとおりです。
①お客さまからのご相談からはじまります。
②まずは、棚の寸法や機能、予算などご要望を伺います。
③その後、お住まいにお伺いして設置場所の採寸や確認をします。
④そして棚の計画や金額が決まったところで、作成開始となります。
⑤納品、または設置工事です。
今回の納期は5日間でした。(職人の状況により納期はつど変わります)
【before】
設置場所の左には既存の収納があります。
扉が開くスペースを確保する必要がありますね。
高さも通常の天井高さより低い場所となっています。

【a f t e r】
ぴったり納まりました。
扉は、光を通す障子戸です。
棚の内部に照明をつけて明かりが室内に柔らかく漏れる仕組みです。
収納 兼 間接照明の役割となります。

オーダー家具の利点としては
●設置する場所に制限がある場合●
特異な場所や寸法でもピッタリサイズの収納をお作りできます。
・他の収納との位置関係
・高さ制限
・変形な収納
なかなか既製品の家具では良いサイズを見つけるのは大変ですね。
●棚の材質●
無垢の木の家具は、木の香りが部屋に広がり心地いいものです。
弊社の木材は、100%国産材です。
薬品などの塗布は一切おこなっておりません。
肌触り、色味、香りすべてにおいて木本来の姿を楽しんでいただけます。
既製品の家具ではほとんどのものが合板です。
木目に見えても、それは木目を印刷したシールであったりします。
接着剤が湿気などで弱まりベロベロに剥れてきたりすることがします。
買った当初はきれいでも使い続けていくと・・・。
●ご要望に合わせた機能●
今回いただいたキーワードは
「障子戸をつけること」
「間接照明にもなること」
「テレビを置けること」です。
内部の機能を充実させながら、室内でも楽しめる家具となりました。
その他の事例では
・特定のサイズのものを収納すること
・机を入れ込むこと
など様々な機能棚の作成が可能です。
自分にピッタリの家具をお探しのかたは、どうぞお気軽にお問い合わせください。
お見積りいたしますので、具体的なご要望をお聞かせください。
☆家具づくりに関してのお問い合わせや
家づくりの資料請求はこちらからどうぞ☆

↑クリックするとメールフォームのページが開きます。
zou