ブログ
2008年10月23日

年中夢中。

カテゴリー: 徒然・農園

お日様の光も少し和らぎ、お散歩が気持ちよくなってきた今日この頃。
蝉もすっかり姿を消してしまったところで、近頃の休日の遊び場といえば、荒川河川敷ばかりのKayo一家です。
荒川の河川敷は家から自転車で10分くらいです。
河川敷は整備されていて 野球場や広場がたくさんありますが、草ぼうぼうで野放しの虫の宝庫もあり、息子たちの狙いは草ぼうぼうの中での虫捕りでございます。
9月の出陣時はシオカラトンボ、赤とんぼ、糸とんぼ、あげは蝶、モンキ蝶、黒地に緑の蝶、上下の羽の色が違う蝶、バッタ、カマキリその他大勢。
季節柄、草むらは虫達で混みこみでございます。
それから、草ぼうぼうの中に用水路が走っており、水辺の生き物もうじゃうじゃ。
9月はウシガエルのおたまじゃくしとトノサマガエルを捕まえました。
おたまじゃくし乱獲中にウシガエルと目が合いました・・・
でかっ!
久々に見たぞ。
時々、私が長男から網をうばって夢中でおたまじゃくしを捕っていたら、
「オレがみつけたおたまじゃくしなのに!」と怒っていました。
かなり楽しくて、本気で自分用に網を買おうかと思ったくらいでした。


と思ったら、先週の出陣時は「ボクもボクも!」(とはまだ言えないですが)と、1歳5ヶ月の次男が網を用水路につっこんでは振り上げて大真面目に仕事。
泥が容赦なく長男と私の頭の上にぶっかかり(笑)
頭でっかちで用水路に落っこちそうなところを重いお尻をムニュっと突き出し、上手にバランスをとっておりました。
網、ひとりひとつずつ必要ねえ・・・・
この日はザリガニがウジャウジャ釣れました。

あんまり長男が河川敷のことを保育園の先生に夢中になって話すので、クラスみんなで河川敷へ数回出陣したらしいです。
都会で育つ子供にとっては、ほぼ人工だけれど、こういう遊び場が近くにあることはありがたいことでございます。
昆虫、水辺のいきもののほかに、キジやタヌキも目撃しました。
他にも何かいるかも!
Kayo