ブログ
2013年11月20日

床暖房

カテゴリー: 家づくり

すっかり冬コートを着込んで通勤しているこの頃、周りの方々はどうかと気になり通勤時にチェックしたりしてみたのですが、多くの皆さんは自分同様冬コートをお召しになってました。このまま寒い冬となってしまうのでしょうか。長期予報によると例年よりやや寒いとの見通し・・・気持ち的には[#IMAGE|S50#]
気を取り直して、寒い冬にドンピシャな情報を一つ。
我社で新築や改修工事を行う際に、当然冷暖房の計画もたてる訳ですが、暖房方法として最も採用しているのが、『低温水式床暖房』です。他に撒きストーブやペレットストーブも採用していますが、やはり敷地の限られている都心部ではなかなか難しいのが現状です。それに比べて『低温水式床暖房』は無垢のフローリングとも相性ピッタリで、なによりも輻射熱を利用した床暖房は心地良い快適空間を生み出してくれるのです。
富士環境システム㈱の『うらら』という銅板パネルもしくはアルミ板パネルを断熱材を落とし込んだ根太上に敷き込んでいきます。温水を通すパイプと放熱板である銅もしくはアルミパネルが一体成型されているので、素早く熱を伝えてくれます。

この写真の光っている部分がアルミパネルです。白い部分は羊毛断熱材ウールブレスです。

この上に15mmの荒床を張り、その上に主に栗無垢フローリング15mmを張り込みます。
直接温風をだすエアコンやファンヒーターと違って即効性は無いのですが、タイマー機能を使って少し早めに暖め始めてもらえれば、本当に心地良いぬくもりを感じていただけます。何より足元が暖かいのが良いですよね。気になるのはランニングコストだと思うのですが、電気式や高温床暖房と違って、40〜55℃という低い温度の循環水で暖める方式ですから、コスト面でもメリットがあります。熱源基はガス給湯器はもちろん、より省エネのハイブリット給湯器やエコキュートなど選んでいただけます。
新築をお考えの方はもちろん、改修工事で床を張り替える場合など、是非床暖房の導入を考えてみてはいかがでしょうか。
oh-oh