ブログ
2011年4月26日

散歩道での発見。

カテゴリー: 徒然・農園

あたたかい日差しに誘われてお散歩日和の日が増えてきましたね。
そしてくしゃみをしながら、公園をてくてく。

葉っぱが落ちて、落ち葉がきれいに掃除された芝生の上で、
ふと足元を見るとイガイガしたものを発見!

鈴懸の木 (すずかけのき) の実だ!
名前は、実の姿が山伏が着る「篠懸(すずかけ)」についている房に似ていることから名づけられたそうです。
・・・だと思っていましたが、
調べてみると
楓(ふう)、または紅葉葉楓(もみじばふう)の実でした![#IMAGE|S5#]
あちゃ〜!!
いろんな人に言いながら配っていました!すみません!
面白いことに
少しだけ拾って帰ろう!と拾い出したら、もう止まらない!止まらない!
エコバックの中に詰められるだけ入れて、お宝発見した気分で大満足。

使い道はこちら!
こちらの鉄板の穴からは、草が出ていてハリネズミのようです。
思わずカメラでパシャリ。

名も知らない花々もきれいだな〜。

ちょっと前まではあまり気にしなかったふるさとの景色を目に焼きつけようとする自分に気づきました。
この景色は今の瞬間だけ。
この後はまた移ろいゆくことを楽しみにしつつ、
いつまでも美しくあって欲しいと願い、不安もわずかに感じる今日この頃。
zou