ブログ
2011年9月26日

旧古河庭園


秋分の日が過ぎました。
次第に、昼の時間より夜の時間が長くなります。
気温もだいぶ落ち着いてきましたね。
さて皆様どう過ごされてますか?
先日まだ暑さ残るなか、旧古河庭園へ行ってきました。
洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイア コンドル博士です。
日本の建築界の幕開けに多大な貢献をし、日本文化を愛していた人として有名な方です。
この他、旧岩崎邸庭園洋館やニコライ堂等は彼の作品のうち現存している建物です。

洋館の中は、事前予約をして見学することができます。
洋と和が同一の建物内にあり、大変興味深く時間があっという間に過ぎてしまいました。
設計者の意図や昔の職人の確かな仕事を拝見できます。
雨の日には外壁の安山岩が濡れて色が濃くなり、晴天時とはまた違った印象に変わりますよ。
日本庭園は、京都の庭師植治こと小川治兵衛さん作です。
自然の景観と躍動的な水の流れをくみこんだ自然主義的作品が特徴です。作品の多くは関西方面にあるためここの庭園は東京で見られる数少ない場所であります。

紅葉も始まりつつありますね。
漂う空気と共にゆったりしていきたかったのですが!
一歩でも止まると5〜6匹の蚊に一気に囲まれ・・・やや発狂気味に逃げ惑っていました。
過去に1分間で15ヶ所
20分で50ヶ所
3日で100ヶ所以上、蚊に喰われ記録を持つzouとしては、蚊に遭遇するだけで半泣き状態。
おでかけは秋深まるころまで待とうかしら。
zou