ブログ
2012年2月8日

明るい2階リビングの家:竣工2

伐採の様子をお伝えします。
日にちはだいぶさかのぼります。昨年の3月2日でした。
宮城県の栗駒木材さん、この1週間後に東北地方太平洋沖地震が起きました。
もうすぐ1年経とうとしています。
この日は昼から山へ入りました。
晴れていて安心していたものの、伐採場に着いたとたんに雪がどんどん降ってきました[#IMAGE|S70#]
山の天気は変わりやすい!
↓さてさて、この木の中から気に入った木を探しましょう!

無数にある中から選んだ木は、運命みたいな出会いです。
何十年も生きてきたお命、ちょうだいします。
伐採の前に、山と木にごあいさつをします。

斜面上側から栓をたたき入れていきます。
↓お施主様のお父さん、お子さん、掛け声合わせて
よいしょ!よいしょ!

木の倒れる様子は、臨場感溢れる音でお伝え!↓
ミシッ、ミシミシッ・・・
「バリバリッ、バリ!!!」
「ずど〜ん・・・」
再び静けさに戻る山の中。

こんなに大きな切り株!
生きていた証として、水分を吸って濡れている切り口。

切り倒した後は重機で作業します。
大きい機械にも負けないくらい立派な杉の木の伐採を無事にやり遂げました。

3本の梁材を木取りすることができました。
他の部分も様々な小さい部材になっていきます。
森の命を無駄なく使うことが、木を使う私たちのひとつの森への恩返しの方法です。
次回は竣工したお住まいに戻り、
家具や水まわりの様子をお伝えします。
zou