ブログ
2006年3月31日

曲げ輪っぱのお弁当

KAYOさんの本日デビューのニューお弁当箱、2段の曲げ輪っぱです。オイシソ〜!!

KAYOさん今日は、近所の手作りお惣菜の量り売りのお店にこの輪っぱをもっていって、これにつめてもらったそうです。いつも透明な使い捨てのフードパックにごはんとおかずと分けて盛ってくれるから、もったいないしゴミもかさばるし、って。エライ!!
はじめて輪っぱのごはんを食べた感想は・・木の香りもいっしょについてくるからいっそうおいしく感じる!そうです☆輪っぱのお弁当箱はプラスチックなんかのに比べて、白いご飯がぐっとおいしくなるらしいし(むれないから!)いつもの同じおかずでもグレードアップしたみたいにおいしそうに見えるし♪最後の廃棄を考えても全部安心して燃やせます。唯一ふたがぴっちり閉まらないから持ち運びには気をつけなきゃいけないけど、見た目も機能もとってもすぐれたお弁当箱!電車で持ち運びしにくいって躊躇してたけど、見てたらやっぱり私もほしい・・ちなみにnecoさんも狙ってるらしい。エコ花のお昼休みは全員おそろいの曲げ輪っぱ弁当か?!
この輪っぱは桧枝岐の曲げ師、星寛さんの作品。良質なネズコの柾目だけをつかって、桜の皮できちっととめてあるかなりハイグレードな一品。すごくていねいで繊細な仕事がよくわかります!とってもキレイ。

しかし残念ながら、この星寛さん作の曲げ輪っぱはご本人がご高齢のためと、良質なネズコが減ってきて材料入手が困難になってきたため、製作されなくなってしまったそうです。せっかくのすばらしい製品なのに、とても残念です。
tama
★★★