ブログ
2006年1月31日

本日の工房

カテゴリー: 家具づくり

本日の工房の様子です。

以前手がけた物件で、洋室バスの浴室入口ドアを杉羽目板のフラッシュで製作したところ、室内側と浴室内の温度・湿度の差で極端な反りが出てきていました。そのため竣工から3年間ほどたびたび調整をしながらきましたが、調整がむずかしくなってきたので今回より丈夫な框組で作り直しをしています。
杉羽目板を杉の框で組んだ、高さ50㎜の明り取りがポイントの建具です。

こちらは上祖師谷の家の玄関枠を建具職人岩谷が加工中です。材料をひとつひとつ吟味しながら、最適なところを必要にあわせて木取り、加工していきます。
★★★