ブログ
2015年10月22日

本物の無垢の木の仕事

カテゴリー: 家づくり

明治後期の建物から丁寧に取り外してきた床の間の部品
生まれ変わって、新たな建物の部品になります
筆返しを外すと刃物の跡が
ケヤキの癖を抑え込むべく仕事

写真を撮るのが一歩遅れて加工が進んでしまった
違い棚正面の雛留めの仕事は欠けてしまった

のりをつけてビスで締め付けることぐらいしかできない大工が
無垢の木の仕事ができますと
昨今どんな顔して言っていることか
うちの若い連中は、常に先人の刺激を受けている。
ゆっくり育って堅木の仕事も料理していただきましょう。
naoi