ブログ
2006年3月17日

東浅草の家:筋かいが…

カテゴリー: リフォーム

下の記事でtamaさんも紹介している東浅草の現場でのこと。
既存の壁を解体をしたところ、なんと筋かいが途中で切断されていました。
〝筋かい〟とは柱と梁で四角形に囲まれた軸組に対角線状に入った材の事をいいます。途中で切られてしまっては構造としてなんの威力も発揮しません。
どうやら新築時、風呂釜の設置のため筋交いを見事に切ってしまったようです。分からないから良いでは済まされない事です。
悲しい事ですが、こういった事はリフォームの現場では多々あるのが現状なんです…。
今回の工事では補強の為、筋かいを既存ものもとは逆に入れました。端部はしっかり筋かい金物で固定してありますのでご安心を!

今日現在も工事は進行中です。後日また現場の状況を報告します!!
neco