ブログ
2008年12月8日

東葛西の家:墨つけ、手刻み

カテゴリー: 家づくり2008〜2009


10月に伐り倒した杉の木が工場に納材されました。
建て主の思いのいっぱい詰った材料ですから、棟梁自らチョウナではつって行きます。
栗の大黒柱、桧の5寸通し柱、これから舘岩から運ばれる木材と共に墨つけされ、刻まれていきます。
gondawara