ブログ
2007年3月23日

栗の椅子 研究会

先日裕之さんが作ってくれた栗の椅子が、こんなにすてきに完成!!

まだオイルフィニッシュ塗装をしていなくて、ちょっと白っぽいですが、オイルを入れたらもっと木目が引き立ってうつくしくなりますヨ☆
完成した椅子をならべて、スタッフで座って立って体勢かえてみて・・・と、使い心地を試してみると、

「前回の赤松よりも安定感があるね」
「背もたれがあともうすこし角度がついていると、もっと座りやすいかも知れない」
「赤松のしなりがない分、体を安心して預けられる感じがする」
などなど。

体型やからだのつくりが違うから、それぞれやっぱり感じることはさまざま。
万人に座り心地のいい椅子を目指すのは、難しい!!
人が違えば、環境が違えば、それぞれの感じ方も違う。それは当然なことだから、できるだけ多くの人ができるだけ心地の良い椅子、家、ものをつくっていくことが、エコ花のひとつの目標であります。
そしてまだまだまだ、日々研究がつづくのであります・・!
tama