ブログ
2007年7月11日

浅草寺のほおずき市

カテゴリー: ご近所

先日の朝顔市に引き続き、エコ花ご近所情報を発信致します。
昨日7月10日、仕事終わりにnecoさんと一緒に浅草寺のほおずき市に行ってまいりました。
毎年7月9日・10日は、浅草寺の功徳日にあたり『四万六千日(しまんろくせんにち)』と呼ばれています。この日にお参りすると四万六千日分お参りしたのと同様の功徳を得られるという言い伝えがあります。江戸時代より、この日の参拝は盛んだったそうですが、さてこの46000日とは一体どのくらいの時間か。早速計算…あらあら約126年分。このご利益、自分ひとりでは勿体無いので、周りの人に分けてあげられるといいですね。
そして、境内には縁日に合わせて、ほおずきの出店約250店が軒を連ね、浅草寺をオレンジ色に染めています。屋台とほおずき屋さんと参拝の人手によって、ほおずき市は6:00〜夜にかけて活気をおびて毎年行われています。
日が暮れて小雨の振る中、エコ花の前のバス停から浅草寺に向けて出発!
まず驚いたのが仲見世通りの屋根。雨の日に来た事が無かったので、雨よけが張ることを知りませんでした。絵柄は金の鳳凰。傘をささずにお買い物が出来、鳳凰も見られて、いい気分。商店街のかたの優しい心配りにうっとりです。

夜の浅草寺は赤みが帯びて、一段と大きく見えました。


五重塔の光に負けじと屋台が輝いております。

ほおずきは売る人もお客さんも赤い色に包んでいました。
この2日間の浅草の四万六千日を目指して、ほおずきは春先から江戸川の鹿骨町で栽培されるそうです。

夜の浅草もいろいろな発見があり、楽しい時間でございました。
この日necoさんが購入したほおずきが、エコ花の店に飾られております。
店の近くまでお越しの方は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

これから益々暑くなる途中ではありますが、はっとするようなオレンジもまた元気が出てきますね。
zouはほおずき柄のガーゼハンカチ・うちわセット(2点だと思って買ったら3点セット!!)を買いました。

これで暑さにくじけず、へこたれず、夏を乗り切りたいところです。
zou農園は今日も成長しております。
初投稿のzouでした。