ブログ
2006年5月28日

浅草 麦とろ

カテゴリー: ご近所

麦とろの老舗、「浅草麦とろ」へ行ってきました。
麦とろを語るには絶対にはずせない!(らしい)創業70年以上の老舗です。かの美空ひばりも大好きだったとか。
浅草駅駒形橋のたもとにある本店は4月末にリニューアルしたばかり。私は5年前に別館へ連れて行っていただいた以来の浅草麦とろ。本店に入るのははじめてです。
店内は広々としていて窓も大きい!なんだか今風にこじゃれてるし、和服をきちんと着た給仕さんもたくさんいてなんだかキンチョー。
予約をしていったので季節のフルコースをいただきました☆
(予約の場合はコースのみなのですが、予約なしの場合は単品で注文できるみたいです。)
季節の材料をつかった前菜や椀物、お造り、「駒形揚とろ」というとろろを揚げて海苔で巻いためずらしいものなど、どれもおいしくてもりだくさん!!
そしてやっぱり最後には麦とろごはん☆
釜に入った麦飯が運ばれてきます。

麦がふっくらしていてとにかく大きい!!噛むとものすごいプニプニ感が。ここの麦飯は麦6:米4の割合だそうです。穀物好きにはたまらない・・
そしてあったかいごはんに冷たいとろろをかけます。

いろいろな種類の山芋がありますが、ここでは“げんこつ芋”という種類の芋を使っているそう。芋そのものが飾ってありましたが、名前の通りぼこぼこしてゲンコツみたい。秋田で5年くらいの歳月をかけてていねいに作られている種類だそうですよ。
あんまりにもおいしくてnecoさんもにっこにこです♪

tama