ブログ
2011年11月25日

玄関庇のコーナー③

カテゴリー: 家づくり

玄関庇紹介も③に突入!
まだまだ続く、みんなの庇コーナー!
↓玄関庇を柱で支えているパターンをいくつかご紹介!
こちらは純和風の庇。
丸太の桁(垂木を支える横架材)・柱がやさしい印象ですね。
屋根の厚みを薄くして軽やかに見せているところもポイントです。

↓柱を立てています。
玄関の奥行きを出したいときは、柱を立てるのが有効です。
持ち出しの庇の場合、自重や積載荷重(雪など)の関係でのばせる寸法が限られてきます。
柱の有無で、庇部分が建築面積に算入されるか否かが変わってきます。

↓玄関外に広々空間が確保できました。
カッパを脱いだり、雨の日にとても役立ちそうですね。

↓柱と腕木の組み合わせ。
自然の曲線を生かした腕木材が家の顔を彩っています。

↓びっくり!庇紹介コーナーなのに、庇が無いパターンの紹介です。
ちょうど2階の床下にある玄関のため、庇がなくても大丈夫!
まさに一石二鳥。

↓こちらも同じく庇が無いですが、
外壁との取り合いの部分を雨仕舞いのため、少し外壁よりも外に出しています。
その部分が庇に見えますね。

まだまだ続く庇コーナー!④もお楽しみに!
zou
●ただいま構造見学会も受付中!お気軽にご連絡下さい。