ブログ
2008年12月12日

昔、実家の畳の表替えをしたときに職人さんの上げた畳の重いこと。いい畳は藁をいっぱい使っているから重いんだよ、それにここの家の畳は板を入れてるねって言っていたのを思い出しました。今回板橋の家の畳は
縫い付ける前の板です。左側が加工前。両端の爪落としと、縫い付け穴を開けた加工後が右側になります。

寸法を合わせ切り落とした畳カマチに板を縫い付けています。

板縫い付け後、畳床を裏返しして、糸の本締めをし、床表側の板との段差を無くす為に、段差面に井草を敷き、縫い止めします。

板と井草を縫い付けて、板入れ工程が完了しました。

14枚全ての畳両カマチに板入れを終えました。
その後、板入れ畳の特別な工程を必要とする、畳表張りと縁付け作業を行い、完成致します。

敷きこむ日が待ち遠しいです。
gondawara