ブログ
2011年5月10日

白山の家:下地〜断熱工事

カテゴリー: 家づくり(白山)

建前のその後は、屋根工事や筋交い材を取り付けたり外壁周りの工事に移ります。

外部から屋根を見上げたところです。
野地板が見えています。筋交いの施工が終わり、鋼製建具の取り付けられています。

↓上に見えているのは2階の床の下地材料です。床の剛性を高めるため杉板30mmを斜めに貼っています。
3階建てのため、より強固なつくりをしています。
筋交いも火打ち材も下地材も
仕上げの際には見えなくなってしまいますが、家を支えるために活躍しています。

給水・給湯の配管材です。

フォレストボードを貼りました。

天井材を支える下地が組まれて、
壁には室内側にウールブレスの断熱材が入りました。

石膏ボードが貼られていきます。
この後は、クロスを貼って仕上げになります。

外壁の様子です。
足場のシートで見えにくいですが、ラス板が貼ってあります。

このラス板の上へ防水シート+金網+下地モルタル+仕上げの順番で左官工事が進みます。
それにしても、お隣さんととても近い!
左官さんに聞いたところ、動くのが大変だったとのこと。
現場の環境で作業効率は大きく左右されていきます。

次は、完成の様子をお伝えします!
zou