ブログ
2011年5月6日

白山の家:基礎工事〜建前

カテゴリー: 家づくり(白山)

白山の家:工事の流れをお伝えいたします。
まずは基礎工事〜建前まで!
立上りの基礎が打ち終わっています。
手前や奥に立ち上っている金物は、アンカーボルトやホールダウン金物です。
アンカーボルトは基礎と土台を連結させる金物です。やや短いものです。
ホールダウンは引き寄せ金物とも言います。手前の角にあるやや長いものです。
この金物は、地震時や強風時に柱が土台や梁から抜けるのを防ぐために必要不可欠な存在です。
建物全体の計算によって、引き抜かれる力が強く働く所の柱頭・柱脚に設置します。

基礎のまわりに配管を設置しています。
土を掘って、雨水や排水の道を作っていきます。
設置し終わると土をかぶせてしまうので、通常はマスしか見えてきません。

土台を設置しました。
見て分かるように基礎の中はぐるりと繋がっています。
今後も点検がしやすいようになっています。
さあ、基礎内を掃除して構造材が来るのを待ちます。

現場は、足場の立っているところです。
右の白っぽい家と左の水色シートの現場の間です。
裏にも新築工事の青いシートが見えています。
分譲地は工期がかぶることが良くあります。

どんどん敷地内に材料を入れていきます。
運ぶまでは車ですが、それ以降はほとんど人力です。

すごい首がながーい!
電線を避けるためにレッカーのアームも最大限にのばして材料をあげています。
建前の作業中は、少しの気の緩みが大事故につながります。
敷地内でも道路上でも作業者・歩行者の安全を第一に、皆で目を光らせています。

1階が組みあがり、2階の柱を立てているところです。
青空の中、かけやの音がリズム良く響き渡ります。
トッテン!カッテン!

棟木まであがりました!
3階建ての一番上はすごい高い!
床はまだできていないため基礎までよく見える!
怖そうですが、部材の上をスイスイ歩く職人さん達!!

職人・スタッフ一同、怪我無く無事に作業できました。
ほっと一安心ですが、これからも気を引き締めての作業は続きます。
これからの作業は屋根工事と外壁工事です。
実は、白山の家はすでにお引渡しが済んでしまったのですが、ご報告が遅れてしまいました!
すみません[#IMAGE|S25#]
次回は、下地・断熱工事についてお伝えいたします!
zou