ブログ
2010年4月9日

石!

カテゴリー: 家づくり

今回は、木の話から打って変わって【石】の話!
↓こちらは、茨城県のとある石材採掘場です。

この一塊の石は(岩かな?)人間の身長くらいの高さがあります。
すごい大きいですね!

茨城県の石といえば、ピンとくるかたもいらっしゃるかと思いますが、
稲田石の石材採掘場に行ってきました!
稲田石(正式には稲田白御影石)は、黒雲母花崗岩のことで、
茨城県笠間市稲田地域で採掘される石材の名称です。
なんと!誕生は、今から約6500万年前!!
ちょうど恐竜が絶滅した頃に隆起したマグマが冷えて固まった稲田石。
約6500万年と聞くと大変古そうですが、
46億年と言われる地球の年齢から比べると
まだまだ新しい岩石なんだそうです。驚きですね〜。[#IMAGE|S5#]
その特徴は、白さと硬さ!
優白色の色や石肌の美しさから、古くから多くの建築物・墓石・モニュメントなどに使用されてきました。
百年を超える採掘の歴史を経ても、まだまだその埋蔵量は豊富で、現在でも採掘が続けられています。
では早速、その石を切ります!!

石も大きいので機械も大きい!大迫力です!!

さてさて、石はどこに行ったかな?
あっ、束石になりました!

上には、柱が乗ります。
束石は、柱が直接地面に着かないよう、水から木材を守るために働いてくれます。
縁の下の力持ち!にちなんで「柱の下の力石」です。(そのままですね。)
ホームセンターでは、簡単に色んな資材が手に入るようになりましたが、
このように流れを見ていくと色んな過程があるんですね。
地球が作ってくれた大切な資源。
それを掘り出す人、加工する人、運ぶ人。
色んな人と物のつながりが、家づくりにつながっています。
zou