ブログ
2006年11月15日

秋のくりこま森林教室レポート4

カテゴリー: 森林教室

次の日も朝から快晴!
バイキングで朝ごはんをたっぷり食べたら、みんなでニコニコ元気に出発。

今日は普段入ることの出来ない国有林の散策です。
そ・し・て!お待ちかねキノコ狩り☆
実は前日に、鈴木インストラクターたちから「シロウトがきのこを採り始めると、みんな夢中になって散り散りに動いて危ないから、キノコ狩りは禁止!!」と言われていたんだけど、
みんなキノコが採りたくてしょうがない・・(だって今回のメインイベント・・!?)
鈴木インストラクターには内緒で、誰もがポッケにビニール袋を忍ばせて(笑)いざ山へ。

栗駒の山は、秋色に染まるのはあと一歩といったところ。
気温が8℃になると、いっせいに山が赤や黄色になるそうです。
へー不思議!8℃の秋色スイッチ♪
心地いい気温の中を歩いていくと、あるじゃないですかキノコ!!
ひとつひとつ鈴木インストラクターが教えてくれます。

↑瓦タケ。たしかに瓦そっくり!

↑なんだっけ・・・月夜ダケ?(に似た食べられるキノコだっけ?)月夜ダケは食べられません。

↑木とキノコで、がおーっと吠えてるみたいに見える!

↑たぬきの茶ぶくろ。毒キノコです。とんとん叩くとけむりがもわ〜っと上がります!けむりの正体は胞子。
キノコは、よほどの目利きでないかぎり、食べられる食べられないの区別をつけるのはむずかしいんだそうです。
「食べられるきのこにそっくりな毒キノコ」っていうのがいっぱいあるらしい(オソロシイひっかけ問題です!!)
だから、勝手に拾って食べるなんてことは絶対にしちゃダメ、必ずキノコ博士・佐藤会長に「食べられますか?」と聞いてから食べるように、と言われました。
早速拾ったキノコを持って、佐藤会長にお尋ね。
結果、1勝3敗・・・4種類拾ったキノコのうち、たったひとつしか食べられませんでした。。うう。
ちなみに食べられるキノコは、クリタケというキノコでした。
あんまりおいしくはないけどなぁ〜、と佐藤会長。
そんな・・・(涙
-つづく-
tama