ブログ
2016年10月28日

窓の話し

カテゴリー: 家づくり

今日は家を建てたい、改修したいと思っている方のヒントになればいいなぁと思い開口部(窓)の話を少しばかり。
当社は比較的YKKのサッシを使う事が多いのですが、先日YKKの品川にオープンした『体験ショールーム』に見学に行ってきました。体験ショールームというだけに従来の展示してあるショールームではなく「遮熱」「遮音」「通風」といったテーマ別に目で見て、触って感じることができるゾーン、そして断熱効果を体感する為に断熱性能の違う5つの部屋を冬の外気温とみたてた0℃に冷やしたブースがあり一部屋ずつ自分の体で比較できる実験ルームが用意されていました。
5つの部屋はいずれもエアコンで22℃に暖房されている部屋と小さな脱衣室やトイレをイメージした非暖房室の2間で構成されています。昭和55年頃に作られた住宅をイメージしたあまり断熱性の高くない部屋+アルミ単板ガラスサッシの入った部屋はアルミフレームにもガラス面にも結露がびっしり。扉をあけて非暖房室に行くともの凄く寒くて、いわゆるヒートショックが起きやすいといわれる室温差が10℃以上という状態でした。
それに対して平成25年度基準に相当するしっかりとした断熱材を施し+樹脂Low-E複層ガラスサッシを入れた部屋は、窓枠にもガラス面にも結露はなく、隣の非暖房室との室温差も5℃位でした。
上記の体験結果だけをみると樹脂サッシが素晴らしいと思うのですが、価格的に高い点、特に防火地域では非常に高額になってしまうので家全部の窓に使うのは正直難しいのかと思います。でも冬場にヒートショックが急増する浴室や脱衣室、トイレなどの非暖房室などは断熱性能の高いサッシを入れる事を検討しても良いのではと考えさせられました。

%e5%b2%a1%e6%9c%ac%e3%80%80%e6%b4%97%e9%9d%a2

%e5%b2%a1%e6%9c%ac%ef%be%84%ef%bd%b2%ef%be%9a

通風の実験体験も新鮮な驚きがありましたので今度お伝えできればと思います。