ブログ
2018年7月17日

続 世田谷の家!

カテゴリー: リフォーム

現場から帰ってきたスタッフ、工房で作業したスタッフが一応に『暑すぎる!』と、ちょっと恐怖すら覚える猛暑日です。

そんな暑い中でも世田谷の現場は順調に進んでいます。
間仕切り位置を変更し邪魔な柱を撤去する為に、梁材を新たに入れ元からの柱などとしっかり金物で固定します。そして必要な箇所に筋交いという斜め材をいれ壁を補強していきます。
筋交い

リフォームをする際にリビングを大きくしたいという要望はよくあるのですが、その為には間仕切りを撤去し2部屋を1部屋の空間にする訳ですが、その時に大切な事は柱や壁を撤去した分他の所に筋交いを入れてあげる必要があります。特に1階は地震による倒壊を防ぐ為にもしっかりとした壁量が必要です。もちろん今回もしっかり補強していきます。

そして床には羊毛断熱材のウールブレスが根太間に入っています。(真ん中に敷いてある合板は現場歩行の為に置いてあるだけです。)
ウールブレス
1階のLDKには今回新たに低温水式床暖房が敷設されます。今年の冬からはメイン暖房として稼働してもらいます。猛暑日の今日、暖房の話はこの位にしときます(笑)
参考までに当社採用のアルミパネル床暖が敷かれるとこんな感じに仕上がります。
パネル

oh-oh