ブログ
2006年1月13日

職人の手仕事を紹介します。

今日はエコ花職人たちの手仕事をご紹介します。
まずは「ちょうな」。

ちょうなとは斧のひとつで、曲がった木の柄に鉄の刃がついているかたちをしています。柱や梁などの荒削りをするための日本独特の伝統的な木工手道具。最近はやはり機械道具におされて使う大工さんもあまり見かけなくなってきています。そりゃ機械の方がやっぱり早いよね、手道具で人の手ではどうしても遅いよね、と思っていたのですが・・ところが実はものすごい早い!!そうです。↑の巾7寸の赤松のタイコの面を仕上げるのに1時間もかからないらしいです。うーん、ぜひ生で見てみたい!
-つづく-
★★★