ブログ
2006年4月7日

舘岩研修レポート5

おいしいごはんをお腹いっぱいいただいて、猛吹雪のなか桧枝岐村へ。

かなりの吹雪で外の撮影がままならなくて、一向にちゃんとした写真が撮れず・・・
舘岩の家から南西方向へ約10kmくらいいった、群馬県との県境のところに桧枝岐村はあります。桧枝岐村は特別天然記念物「尾瀬」の玄関なので、舘岩村よりは多くのかたがご存知の地名かもしれません。笑
まず向かったのは村落の入り口にある村営の木工品展示販売所。

ここでは桧枝岐名産の曲げ輪っぱや木工品が売られています。


地元の木を使ってひとつひとつ手作りでつくられた器やお椀、調理器具やおもちゃなどが、木地のままだったりオイル塗装をしてあったり漆塗り仕上げだったりといろんな表情で置かれていました。
先日紹介した星寛さんの曲げ輪っぱもここで購入したもの。星さんの作品は無くなってしまっていましたが、曲げ輪っぱは健在!おひつやお箸立てなどもありました。木地のうつわは樹種や木目がいろいろ選べて楽しい。自分で塗装をなににしようとかんがえるのも楽しいです☆
この雪の中、販売所の正面のスキー場では、傾斜60度くらいなんじゃ?!と思えるほど急勾配のゲレンデをすべってる人が数人いました・・真似できない!!
tama