ブログ
2006年4月19日

舘岩研修レポート9

舘岩研修最終日は、朝からオグラ木材さんで製材の見学です。

栗を2本製材してもらいました。
機械が回ると爆音!会話もできないので、全員だまって見つめていました。
一度加工しだしたら後戻りできない作業です、オペレーターの方は慎重に刃と丸太との距離をはかって操作。
丸太を購入した人にとっては、このオペレーターさんにかなりのプレッシャーがかかる気がします。だって選びに選んだ丸太を、あっ!とか失敗されてしまったら・・・泣くしかない。責任の重いお仕事だなぁと思いながら見つめていました。

雪がついたままの丸太が、どんどんスライスされていきます。スライスされた薄い皮、薄い板はローラーの上を転がって、一ヵ所に積み重なっていました。もちろん捨てずに有効活用します。

こんないい表情がでてきました。

そして製材したものとしてないもの、選手交代―。
この高さからどーーん!!と落とされて、一同絶叫!なんてダイナミック・・。一瞬はねてこっちまで転がってくるんじゃないかとあせっちゃいましたよ。。
tama